CentOS 6.6にmemcachedをインストールしてPHPセッション管理

先日、CentOS 6.6にmemcachedをインストールしてみました。せっか…

先日、CentOS 6.6にmemcachedをインストールしてみました。
せっかくインストールしたので、そのままmemcachedでPHPのセッション管理を行うようにしました。

各バージョンは下記の通りです。

  • CentOS 6.6 (Final)
  • Apache 2.2.15
  • PHP 5.5.25
  • memcached 1.4.4

memcachedとは

memcached は、汎用の分散型メモリキャッシュシステムである。 memcached は、データとオブジェクトをメモリ内にキャッシュすることでデータベースから読み出しを行う回数を減少させ、データベースを用いた Web サイトを高速化するために良く用いられる。

memcached – Wikipedia

データベースを用いたWebサイトを高速化するので、WordPressで作成したサイトを高速化したい場合にもmemcachedは有効です。

memcachedインストール

早速コマンドでインストールしていきます。

$ #yumでインストール
$ sudo yum install memcached
$ #起動
$ sudo /etc/init.d/memcached start
$ #自動起動設定
$ sudo chkconfig memcached on

動作確認

インストールしたらtelnetで動作確認をします。

$ telnet localhost 11211
Trying ::1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
stats # ← statsと入力
STAT pid 9609
STAT uptime 227
STAT time 1429793229
STAT version 1.4.4
STAT pointer_size 64
STAT rusage_user 0.004999
STAT rusage_system 0.004999
STAT curr_connections 10
STAT total_connections 12
STAT connection_structures 11
STAT cmd_get 0
STAT cmd_set 0
STAT cmd_flush 0
STAT get_hits 0
STAT get_misses 0
STAT delete_misses 0
STAT delete_hits 0
STAT incr_misses 0
STAT incr_hits 0
STAT decr_misses 0
STAT decr_hits 0
STAT cas_misses 0
STAT cas_hits 0
STAT cas_badval 0
STAT auth_cmds 0
STAT auth_errors 0
STAT bytes_read 19
STAT bytes_written 7
STAT limit_maxbytes 67108864
STAT accepting_conns 1
STAT listen_disabled_num 0
STAT threads 4
STAT conn_yields 0
STAT bytes 0
STAT curr_items 0
STAT total_items 0
STAT evictions 0
END
quit  # ← quitと入力して終了

memcachedの設定ファイル

設定ファイルは/etc/sysconfig/memcachedになります。今回はデフォルトのままにしました。

$ sudo vim /etc/sysconfig/memcached
PORT="11211"     # ポート番号
USER="memcached" # 実行ユーザ
MAXCONN="1024"   # 最大接続数
CACHESIZE="64"   # メモリサイズ
OPTIONS=""       # オプション

設定を変更したら再起動を忘れずに。

$ sudo /etc/init.d/memcached restart

PHPモジュールインストール

PHPモジュールはmemcacheとmemcachedがありますが、今回はmemcachedをインストールします。
Googleで調べてみるとmemcachedのほうが高速らしい?です。

$ sudo yum install php-pecl-memcached

php.iniの変更

php.iniのセッションの設定を変更します。
私の環境では/etc/httpd/conf.d/php.confにセッションの設定があったのでこちらを変更しました。

$ sudo vim /etc/httpd/conf.d/php.conf
# session.save_handler = files               コメントアウト
# session.save_path = "/var/lib/php/session" コメントアウト

次にmemcached.iniのコメントアウトを外します。

$ vim /etc/php.d/z-memcached.ini
session.save_handler = memcached      # コメントアウトをはずす
session.save_path = "localhost:11211" # コメントアウトをはずす

php.iniのLocal Valueのみを変えたい場合は、Apacheのconfファイル、.htaccess、プログラム内でini_set()で変更してください。

設定を変更したらApacheを再起動します。

$ sudo /etc/init.d/httpd restart

cacheの確認

memcached-toolでcacheの確認ができます。

$ memcached-tool localhost:11211 dump

以上で、PHPセッションをmemcachedで管理するようになりました。